原敬の動静

 

 

     目   次


1 原敬動静概括

2 原敬動静表                  

番号           時      代  主な居住地        期    間    年 齢
 1  誕  生  盛岡・本宮 安政3年(1856)~万延元年(1860)  0歳~14歳
 2  寺子屋時代  盛岡・本宮 文久元年(1861)~明治4年(1871)  5歳~15歳
 3  苦学生時代  東 京 明治5年(1872)~明治7年(1874) 16歳~18歳
 4  新潟時代
  エブラル神父の学僕
 新 潟 明治7年(1874)~明治8年(1875) 18歳~19歳
 5  法学生時代
  司法省法学校学生
 東 京  明治9年(1876) 明治12年(1879) 20歳~23歳
 6  新聞記者時代
  郵便報知新聞・大東日報
 東京・大阪 明治12年(1879)~ 明治15年(1882) 23歳~26歳
 7  第1次外務省時代
  本省・天津領事パリ公使館書記官
 東京・天津・パリ 明治15年(1882)~ 明治21年(1888) 26歳~32歳
 8   農商務省時代
  参事官・秘書官・秘書課長
 東 京  明治22年(1889) 明治25年(1892) 33歳~36歳
 9  第2次外務省時代
  通商・取調局長・外務次官・朝鮮公使
 東京・朝鮮 明治25年(1892)~ 明治29年(1896) 36歳~41歳
10   新聞経営者時代
  大阪毎日新聞社長・大阪新報社長
 東 京  明治30年(1897)~明治36年(1903) 41歳~49歳
11  経済人時代
  大阪北浜銀行頭取・古河鉱業副社長
 大 阪 明治34年(1901)~明治39年(1906) 45歳~50歳
12  政治家(政党人)時代
  立憲政友会総裁・内閣総理大臣
 東 京 明治33年(1900)~大正10年(1921) 44歳~65歳

 

3  原敬訪問地

    (1)国内訪問地 (2)外国訪問地                 

                  


○ この動静表は、「原敬日記」等を手掛かりに、原敬がいつ・どこにいたかを見るようとしたものである。
○その日の宿泊地を表している。
  日帰りの場合は、(  )表記としている。
○スペースの関係から、すべて記載できないし、多少ズレていることがある。
○ その他の訪問地は、「原敬訪問地」を参照してほしい。

      


 1 原敬の動静概略 (居住地と主な訪問地)

 元  号 
 (西暦)
  年 齢 居住地             主 な 事 項 と 主 な 訪 問 地   
 安政 3年
 (1856)
 誕 生  盛 岡  3月11日(旧暦2月9日)
南岩手郡本宮村98番地(原敬生家及び原敬記念館所在地)。
現在は、盛岡市本宮4丁目38-25
  ↓  ~13   ↓
 明治 3年  
 (1870) 
 14  盛 岡 7月から藩校「作人館」の寮に入寮(現在の盛岡市中央通1丁
      目地内)
 明治 4年 
 (1871)
 15  盛 岡12月10日上京
 明治 5年 
 (1872)
  16  東 京 1月 共慣義塾、岸俊雄塾、フランス人マリンの天主教神学校
                            (麹町1番丁)
 明治 6年
 (1873)
  17  横 浜 11月~12月大阪 エブラル神父と
 明治 7年
 (1874)
  18  横 浜
 新 潟
 エブラル神父と
 4月28日から新潟 エブラル神父の学僕 新潟寺町本妙寺境
              内
 6月盛岡へ帰省 帰途弟誠同伴新潟へ
 明治 8年
 (1875)
  19  新 潟
 盛 岡
 東 京
 1月~4月    新潟
  5月~9月初め 盛岡、仙台、新潟を経由して東京へ(新潟か
            ら弟誠同伴) 
10月以降東京
10月18日 から箕作秋坪塾(蠣殼町3丁目9番地)
 明治 9年
 (1876)
  20  東 京3月帰省、4月上京 9月11日から法学校寮
              (呉服橋見付付近、東京駅の丸の内側)
 明治10年
 (1877)
  21  東 京 法学校寮
 明治11年
 (1878)
  22  東 京 法学校寮
7月帰省→8月上京
 明治12年
 (1879)
  23  東 京   2月8日まで司法省法学校寮 その後日吉町付近の下宿屋
  2月 20日~7月 中江兆民家塾(麹町区5番町2番地)塾生
11月16日 郵便報知新聞社入社
11月22日 本所松 坂町1丁目13番地へ転居
 明治13年
 (1880)
  24  東 京  2月 6日 本所西六間町4番地へ転居 4日に前住所地の家
        が類焼
 明治14年
 (1881)
  25  東 京  5月23日から北海道・東北周遊 10月から東京
11月 8日 神 田区元久右衛門町1丁目2番地第5戸 石村方
 明治15年
 (1882)
  26  東 京
 大 阪


 東 京
 1月26日郵便報知退社 
 3月    「大東日報」主筆
 5月10日東区内本町1丁目10番地へ転居               
 8月6日~17日船で下関往復 10月21日出社せず 
11 月1日から東京  
11月21日 太政官御用掛兼外務省御用掛公信局勤務
 明治16年
 (1883)
  27  東 京

 船 中
 7月から文書局 
l0 月~11月西日本周遊(岡山、広島)
 天津領事  12月5日天津へ出発
 明治17年
 (1884)
  28  天 津天津領事
 明治18年
 (1885)
  29  天 津
 東 京
 船 中
天津領事
 8月~10月東京
10月13日出発 パリヘ 12月2日着
 明治19年
 (1886)
  30  パ リ パリ公使館公使館書記官・7月から臨時代理公使
 (ハ-ブル)
 明治20年
 (1887)
  31  パ リ臨時代理公使(6月まで)             
 (リヨン、マルセイユ、ブリュッセル、エキスレベン温泉、ジュネ
  ーブ)
 明治21年
 (1888)
  32  パ リ 公使館書記官                   
 ( エップ、ルアン、ハーブル)
 明治22年
 (1889)
  33  パ リ

 東 京

公使館書記官
 (ロンドン ベルリン スエズ アデン コロンボ シンガポール 
  サイゴン 香港 上海)
 4月27日 農商務省参事官(磯部、伊香保、妙 義山、榛名
                    山)
        三十間掘1丁目1番地
        (留守中に弟誠に指示し家屋購入)
 5月22日 麻布市兵衛町2-26に転居
 明治23年
 (1890)
  34  東 京 農商務省大臣秘書官、(京都)
 2月1日 麹町区富士見町1-1(官舎)へ移転
 明治24年
 (1891)
  35  東 京 農商務省大臣秘書 官、(京都 伊香保 鎌倉 横浜、江ノ島)
 明治25年
 (1892)
  36  東 京
 京 城
農商務省大臣秘書官退官(3月)、
外務省通商局長 (8月)・取調局長(9月)
 3月16日 京橋区南鍋町1-7へ移転
 9月23日 芝公園第7号4番の家屋購入・登記(土地は東京
        市所有)
 9月~10月 朝鮮出張(京城)
  (京都 横浜)
 明治26年
 (1893)
  37  東 京 外務省通商局長・取調局長
 (箱根、鎌倉、京都、奈良)                      「原敬日記」に欠日多く 不明
 明治27年
 (1894)
  38  東 京 外務省通商局長
 (京都、奈良)                               「原敬日記」に欠日多く不明
 明治28年
 (1895)
  39  東 京 外務省通商局長・外務次官(5月から)
 (大磯)                                   「原敬日記」に欠日多く不明
 明治29年
 (1896)
  40  東 京
 京 城
 東 京
外務次官
 6月   朝鮮駐剳特命全権公使
 6月2日大磯に別荘新築(大磯 町南下町1390番地)
10月 (鎌倉、大磯、神戸、舞子、京都、千葉、稲毛、木更津、
     勝山)
 明治30年
 (1897)
  41  東 京
 大 阪
 

 9月  朝鮮駐剳特命全権公使退官
     大阪毎日新聞編集総理(9月)
 9月24日 北区大満橋筋2-136
 (大磯、奈良、有馬、京都、嵐山)                    「原敬日記」に欠日多く不明
 明治31年
 (1898)
  42  大 阪 大阪毎日新聞編集総理・社長(9月)
 5月4日 東区谷町1-1に移転
 (東京 名古星、奈良、金熊寺、神戸)                 「原敬日記」に欠日多く不明
 明治32年
 (1899)
  43  大 阪 大阪 毎日新聞社長   
10月1日 北区網島町32番屋敷に移転
 (東 京、名古屋、京都、高松、金毘羅、屋島、藍本)         「原敬日記」に欠日多く不明
 明治33年
 (1900)
  44  大 阪
 東 京
大阪毎日新 聞社長、政友会総務委員、逓信大臣(12月)
12月9日から東京、
(大磯、吉野、京都、伊勢、名古屋)、                    「原敬日記」に欠日多く不明
 明治34年
 (1901)
  45  東 京
 大 阪
逓信大臣 大阪北浜銀行頭取(7月)
 (福島、山形、米沢、大阪、岡山、宇都宮、京都、横浜、盛岡、  
  福岡、若松、宮島、仙台)
  8月から大阪 西区江戸掘南通1-25
       (大阪の借家・上田常記夫妻入る)、
10月 伏見町4-52へ不在中移転 (25日初めて入居)
 明治35年
 (1902)
  46  大 阪 大阪北浜銀行頭取、衆議院議員初当選(8月)
 (宝塚、大阪、神戸、大磯、岡山、盛岡、京都、姫路、岡山、福
  島、盛岡、大宮、前橋)
 明治36年
 (1903)
  47  大 阪 大阪北浜銀行取締役(1月)、大阪新報社長(2月)
政友会常務委員 衆議院議員
 (大阪、大磯、京都、横浜、盛岡、静岡、和歌山、神戸、八尾、
  白石、名古屋、越谷、奈良)
 明治37年
 (1904)
  48  東 京 政友会総務委員、大阪新報社長、衆議院議員
 (大磯、大阪、盛岡、一関、田辺、狭山、大津、奈良、京 都、神
  戸)
 明治38年
 (1905)
  49  東 京 大阪新報社長、政友会政務調査会長、古河鉱業副社長(4月)衆議院議員
 (奈良、大阪、大磯、鎌倉、太宰府、三池、小倉、若松、足尾銅
  山、新潟、盛岡、小坂、天童、能代、秋田、神戸)
 明治39年
 (1906)
  50  東 京 第一次西園寺内閣内務大臣(1月)、衆議院議員
 (大磯、盛岡、仙台、江ノ島)
 明治40年 
 (1907)
  51  東 京 内務大臣、衆議院議員
  (伊勢山田、大阪、宮津、米子、鳥取、安来、松江、出雲、
  浜田、津和野、山口、函館、小樽、留萌、旭川、札幌、函館、
  盛岡、甲府、大磯、栃木)
 明治41年
 (1908)
  52  東 京 内務大臣(7月まで)、逓 信大臣兼任(1月~3月)、
欧米視察(8月~)、衆議院議員
 (横浜、大磯、盛岡、バンクーバー、シャト ル、サンフランシス
  コ、シカゴ、ナイャガラ、ワシントン、ニューヨーク、ボストン、
  パリ、ロンドン、リバ プール、マンチェスター、アムステルダ
  ム、マドリッド、リスボン、ローマ)
 明治42年
 (1909)
  53  東 京 欧米視察(2月帰国〉、衆議院議員
 8月25日 盛岡市古川端
(仁王小路第3 地割字仁王小路25番地)に別邸「介寿荘」新築
 (ミラノ、ウィーン、コンスタンチノーブル、ソフィア、ブ タペスト、
  ベルリン、ポツダム、コペンハーゲン、ストックホル ム、ペテ
  ルブルグ、モスクワ、シベリヤ鉄道、ハルピン、大連、
  門司、大磯、水戸、盛岡、大阪、奈良、 京祢、宇治、横浜、
  横須賀、直江津、新潟、高田、千葉)

 明治43年
 (1910)
  54  東 京 政友会院内総務、衆議院予算委員長、衆議院議員
  (鎌倉、盛岡、小岩井、静岡、富山、高 岡、金沢、福井、
   長野、松本)
 明治44年
 (1911)
  55  東 京 北清満韓視察(3月)、
第二次西園寺内閣内務大臣、鉄道院総裁兼任(8月)、
衆議院議員
  (大連、北京、天津、奉天、鴨緑江、平壌、京城、釜山、大阪、
  高松、下関、門司、鎌倉、盛岡、一関、静岡、姫路、久留米、
  名古屋)
 明治45年
 (1912)
7月30日
 から
  大正元年
  56  東 京 第二次西園寺内閣内務大臣、鉄道院総裁兼任、衆議院議員
 (伊勢山田、鳥取、松江、京都、盛岡、名古星、横浜、川越、
  横須賀)
 大正 2年  
 (1913)
  57  東 京 山本内閣内務大臣(2月)、衆議院議員
  (盛岡、葉山、日光、山形、秋日、弘前、青森、一関、石 巻、
   仙台、福島、名古屋、京都、静岡、塩原、宇治山田、腰越、
   奈良)
 大正 3年
 (1914)
  58  東 京 内務大臣(4月まで)第3代立憲政友会総裁(6月)、
10月 7 日 鎌倉腰越別荘新築
  (沼津、盛岡、京都、腰越)
 大正 4年
 (1915)
  59  東 京 政友会総裁、衆議院議員
  (腰越、盛岡、福島、京都、岐阜、木曽福島、長野、水戸、道
   後、松山、 広島、大阪、名古屋)
 大正 5年 
 (1916)
  60  東 京 政友会総裁、衆議院議 員
  (腰越、大宮、別府、大分、三池、鹿児島、宮崎、人吉、熊本、佐賀、唐津、佐世保、長崎、
  福岡、戸畑、小倉、大阪、盛岡、花巻、郡山、新潟、仙台、塩釜、岩谷堂、静岡、大津、京都、
   沼津、福井、金沢)
 大正 6年
 (1917)
  61  東 京 政友会総裁 臨時外交調査会委員(6月)、衆議院議員
  (腰越、盛岡、鶴岡、秋田、青森、大阪、神戸、京都)
 大正 7年
 (1918)
  62  東 京 政友会総 裁、臨時外交調査会委員(9月まで)
第19代内閣総理大臣、司法大臣兼任(9月)
 (腰越、富山、金沢、 京都、神戸、岡山、高知、徳島、小松島、
  神戸、盛岡、栃木、小田原、横浜、伊勢山田)
 大正 8年
 (1919)
  63  東 京 第19代内閣総理大臣、司法大臣兼任、
政友会総裁、衆議院議員
  (腰越、盛岡、横須賀、日光、須磨、伊丹、大阪)
 大正 9年
 (1920)
  64  東 京 第19代内閣総理大臣、司法大臣(9月ま で)、
政友会総裁、衆議院議員
  (腰越、葉山、大阪、横須賀、日光、小田原、青森、盛岡、
   高崎、前橋、名 古屋)
 大 正10年
 (1912)
  65  東 京 第19代内閣総理大臣、海軍大臣事務管理(10月)、
政友会総裁、衆議院議員
  (修善寺、腰越、葉山、小田原、沼津、盛岡、札幌、小樽、
  横浜、長野、甲府、岐阜)

11月4日午後7時25分
 東京駅丸の内南口(現在)にて中岡艮一によって刺殺される。
 
                 



 2 原 敬 の 動 静


 年号(西暦)   年 齢  居住地        主 な 事 項 と 主 な 訪 問 地    
 安政 3年
 (1856)
誕 生  盛 岡  3月11日(旧暦2月9日) 南岩手郡本宮村98番地(原敬生家及び原敬記念館所在地)にて誕生
〈幼名〉健次郎。
現在は、盛岡市本宮4丁目38-25
 父直治(41歳)・母リツ(33歳)の次男  祖父直記(70歳)
 姉琴子(8歳)、姉磯子(6~7歳)、兄(3歳)
 安政 5年 
 (1858)
  2  盛 岡   祖父 7代直記72歳(南部盛岡藩、高知家挌、家老加判)
      隠居
  父 直治 (43歳) 8代相続 226石
 万延元年
 (1860)
  4  盛 岡   祖父直記死去(75歳)
 文久元年
 (1861)
  5  盛 岡  近所の太田代直蔵塾(親戚)で習字を学ぶ。2月頃から約6年間、10歳まで。
 文久 3年
 (1863)
  7  盛 岡  父 直治 家老加判の内示あるも病重く辞退・隠居
 兄 恭(10歳) 9代当主となる。226石
 元治 2年
 (1865)
 慶応元年
  9  盛 岡  4月2日 父 直治死去(50歳)
 4月8日改元
 この年から、小山田佐七郎の門に入り漢学を学ぶ。
 約6年間、14歳まで。
 慶応 3年
 (1867)
 11  盛 岡  仙北組町の寺田直助塾で習字を、午後近くの工藤祐方塾で算術を学ぶ。約2年間。
 慶応 4年
 (1866)
 明治元年
 12  盛 岡  寺田・工藤両先生が戊辰戦争に参加したので休塾。
 小山田先生は残っていたので続けて通った。
 9月    盛岡藩降伏。
10月23日 改元
 明治 3年
 (1870)
 14  盛 岡
作人館寮
 1月から再開された藩校「作人館」の「修文所」に通学。
 7月 試験を受けて寮に入寮
     (現在の盛岡市中央通1丁目地内)
 明治 4年
 (1871)
 15  盛 岡  春 句読師心得に昇格
 7月 元服 「敬」と改名。
11月 2日 廃藩置県。
         盛岡県(九戸郡、閉伊郡、岩手郡、紫波郡、稗貫
               郡、和賀郡)→南部盛岡藩
         一関県(胆沢郡、江刺郡、磐井郡、気仙郡)→伊
              達藩
12月10日 友人松岡と2人で上京。那珂梧楼宅に寄寓。
 明治 5年 
 (1872)
 16  東 京  1月 共慣義塾入塾(南部家が設立、英語教授) 約3ヶ月。仕送りが絶えたため退塾。
 夏  斗南県人岸俊雄家塾に入る。 数か月 
     斗南県とは、戊辰戦争に敗れた会津藩が、八戸の北
             方に移動させられて作った藩
 秋 海軍兵学校を受験するも失敗。
11月 東京麹町1番丁にあったフランス人マリン神父の天主教
     神学校に入る。学費・寮費無料。                         
      約1年5か月。
 明治 6年
 (1873)
 17  横 浜   4月 洗礼を受ける ダビテ・ハラ 
     エブラル神父宅(横浜)に寄寓 フランス語を学ぶ
  8月 弟 良路死亡(11歳)
  冬  エブラルと西日本を周遊
     11月大阪  12月横浜に戻る。
     「雑録」に、
          「浪波ヲ発シテ横湾二帰ラントスル時送ラル。 
           時明治6年11月□日ナリ」とある
    「原敬日記」明治29年12月16日
     横須賀は明治6、7年頃たび たび往復したる地なり。
     今回晩に過ぎかつ、雨にて見る所なしといえども、  
     大体の情況昔日に比して全くその趣きを異にしてすこ
     ぶる繁栄なるがごとし。
 明治 7年
 (1874)
 18  横 浜
 新 潟 



 盛 岡



  新 潟




 1月から4月までエブラル神父の家にいた。
 4月21日 東京を出発、新潟に向う。
 4月28日 新潟着。 寺町の本妙寺の境内の借家。
 6月 6日 新潟を出発。盛岡に向った。
        経路不明。しかし、復路と同じと思われる。
 6月21日 盛岡着。
 6月29日 盛岡を出発。新潟に向う。弟 誠(14歳)を同伴。
        経路・盛岡→沢内→加茂港→(4,5日船待ち)→
        新潟 「原敬追想」による。
        このときの様子は、「原敬追想」16に詳しい。
 7月 5日 新潟着。
 以後、新潟在住。

 この年の「原敬日記」は、ない。
 「浮沈録」には、在郷7日、29日に新潟へとある。
 大正6年9月17日(鶴岡の加茂港訪問)の「原敬日記」に、
  「明治7年に新潟より往復の際、2度この地に両3日滞在せし
  ことあり」と記されている。





明治 8年(1875) 19歳 分家独立 新潟→盛岡→東京

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 新潟 新潟 新潟 新潟 細尾 盛岡 盛岡 盛岡 盛岡 東京 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓ 今市  ↓  ↓  ↓  ↓ 横浜  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓ 太田原  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓ 小田川  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓
 5日 新潟 新潟 新潟 新潟 高倉 盛岡 盛岡 盛岡 東京 東京東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓ 瀬上  ↓  ↓  ↓ 花巻  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓ 金ヶ崎  ↓  ↓  ↓ 花巻  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓ 仙台  ↓  ↓  ↓ 前沢  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 高清水  ↓  ↓  ↓
10日 新潟 新潟 新潟 新潟 仙台 盛岡 盛岡 盛岡 仙台 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 仙台  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 白石  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 湯の原  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓ 長岡  ↓  ↓  ↓  ↓ 沼沢  ↓  ↓  ↓
15日 新潟 新潟 新潟 堀の内 仙台 盛岡 盛岡 盛岡 下関 東京 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  関 仙台  ↓  ↓  ↓ 木崎  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓ 浅貝 松島  ↓  ↓  ↓ 新潟  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓ 中山 登米  ↓  ↓  ↓ 新潟  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓ 高崎 一関  ↓  ↓  ↓ 新潟  ↓  ↓  ↓
20日 新潟 新潟 新潟 富岡 黒澤尻 盛岡 盛岡 盛岡 新潟 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓ (川船) 盛岡  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 三条  ↓  ↓  ↓
25日 新潟 新潟 新潟 東京 盛岡 盛岡 盛岡 盛岡 妙見 東京 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓ 熊谷  ↓  ↓  ↓  ↓ 六日町  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓ 富岡  ↓  ↓  ↓  ↓ 浅貝  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓ 富岡  ↓  ↓  ↓  ↓ 湯宿  ↓  ↓  ↓
29日  ↓ 新潟  ↓ 厩橋  ↓  ↓  ↓  ↓ 高崎  ↓  ↓  ↓
30日 新潟 新潟 神戸 盛岡 盛岡 盛岡 盛岡 東京 東京 東京 東京
31日 新潟 新潟 盛岡 盛岡 盛岡 東京 東京
備考 前年から約9ヶ月間誠とともに藤井介石塾へ
4月30日分家して「士族」から「商」へ
 9月の上京は弟誠同伴  9月11日姉磯子の夫を訪問(仙台)
10月18日から箕作秋坪塾へ(約10ヶ月)
11月22日 水沢県→磐井県と改称




明治 9年(1876) 20歳受験準備 合格司法省法学校生徒 日記類なし


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 この月に帰省 この月に上京 東京 東京 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮 法学校寮
 2日  ↓  ↓ したとあるが したとあるが  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓ 具体的日時 具体的日時  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓ 不明 不明  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 盛岡 東京 東京 東京 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮 法学校寮
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 盛岡 東京 東京 東京 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮 法学校寮
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 盛岡 東京 東京 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮 法学校寮 法学校寮
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 盛岡 東京 東京 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮 法学校寮 法学校寮
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 盛岡 東京 東京 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮 法学校寮 法学校寮
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 東京 東京 盛岡 東京 東京 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮 法学校寮 法学校寮
31日 東京 盛岡 東京 東京 東京 法学校寮 法学校寮
備考
 3月 9日
「余は三叉学舎にあり」
 4月28日法学校出願 
       応募者約2千名
       書類選考通過者
          350名ほど
 4月18日 磐井県を廃し、
        磐井・胆沢・江刺
        の3郡を岩手県に編入
 5月25日 気仙郡(宮城県)、
       二戸郡(青森県)を岩手県に
        編入
 7月  3日 試験 漢学
 7月10日 2番で合格 
                身体検査 

 7月29日 法学生徒拝
        命 

 7月29日 証書提出
   保証人島谷部紹胤
 9月 5日 入校
 9月11日 開校式 


 明治10年
   (1877)
       21歳
司法省法学校(予科4年・本科4年)生徒
法学校寮 この年日記類なし

 
 
9月 6日 兄の長男香死亡(3歳)。

 9月26日兄の長女お栄誕生(後の養嗣子貢の母)
 明治11年
   (1878)
       22歳
司法省法 学校生徒 法学校寮
この年日記類なし

  1月  甲府の 「峡中新報」へ投書 ブドウ酒製法資料送付してもよい

  7月 帰省盛岡

  8月 上京→東京
 明治12年
   (1879)
       23歳
法学校退校 中江塾 郵便報知新聞記者
この年日記類なし

  2月 8日 司法省法学校退校処分(8年で卒業のとこら3年生で)
         退寮後 日吉町付近の下宿屋 (原敬追想)

  2月20日~7月 中江兆民家塾(麹町区5番町地2番地)塾生 吉原三郎宛はがき

  7月 9日 「露西亜国勢論」翻訳(フランス語)出版 櫻水舎

  8月 25日から 甲府の「峡中新報」へ寄稿 ペンネーム鷲山樵夫
            14年10月26日まで

 11月16日 郵便報知新聞社入社

 11月22日 本所松坂町IT目13番地へ転居 吉原三郎宛はがき
 明治13年
   (1880)
       24歳
 郵便報知新聞記者
 この年日記類なし

  2月 6日 本所西六間町4番地へ転居 4日に前住所地の家が類焼
         吉原三郎宛葉書に「従報知新聞社」とある。

  8月 3日 初の署名社説 「官民相対スルノ道ヲ論ズ」

               以後 論文多数あり


  明治14年(1881) 25歳  郵便報知新聞社記者 


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7 月  8月  9 月  10月  11月  12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 水戸 和田 札幌 遠野 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓ 銚子 秋田  ↓ 釜石 東京  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓ 潮来  ↓  ↓  盛  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓ 鉾田  ↓ 石狩 気仙沼  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 水戸 船越 札幌 志津川 東京 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 釜谷 幌向 石巻  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 河原野 飛根 幌内  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 伊香 水無 幌向 松島  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 矢吹 阿仁 札幌 塩釜  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 開成山 扇田 苫小牧 仙台 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 熱海 大葛 室蘭  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 戸野口 毛馬内 有珠  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 若松 碇ヶ関 室蘭 山下  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東山 藤崎 函館 中村  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京  ↓ 青森  ↓ 石田 東京 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大塩 函館  ↓ 福島  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 米沢  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 木古内 青森↓ 郡山  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 上ノ山 福島 野辺地 白河  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 山形 江良 谷地頭 大田原 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大石田 江刺 三本木 今市  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 古口 熊石 五戸 日光  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓ 船橋 鶴岡 太櫓手 八戸  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓ 千葉 酒田 前島歌 鮫港  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 五井 狩川 長豊 三戸  ↓ 東京 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓ 鹿野山 新庄 潮路 一戸  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓ 嶺岡 下院内 岩内石炭 沼宮内  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓ 東京  ↓  ↓ 清澄  ↓ 岩内 盛岡 湯本  ↓  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓ 部原  横手 余市  ↓ 日光  ↓  ↓  ↓
30日 東京 東京 東京 牛込 小樽  ↓ 鹿沼 東京 東京 東京
31日 東京 東京 四天木 大迫 東京 東京
備考
 1月 1日から5月22日までの日記類なし。 
        
 
 5月23日から、渡辺洪基に随行して、東北・北海道視察に出発。  9月 宮城監獄で陸奥宗光を見
          た。

 11月8日から、 神田区元九右衛門町1丁目 
2番地第5戸 石村方に居住 

 



  明治15年(1882) 26歳 郵便報知社退社(1月)
                    大阪「大東日報」主筆(4月)
                    外務省御用掛(11月)



 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京   大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 船中 東京
 2日  ↓  ↓ 井上邸宅  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 横浜  ↓
 5日 東京 東京 東京  大阪↓ 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 東京
 6日  ↓  ↓ 福地邸  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸乗船  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓ 馬関(下関)  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 井上邸 大阪 大阪 大阪 大阪  ↓ 大阪 大阪 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓ 横浜乗船  ↓  ↓  ↓  ↓ 下関乗船  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 広島丸 大阪 大阪 大阪 大阪 神戸着・大阪 大阪 大阪 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪   ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓ 神戸着  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 岡山↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 岡山 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 東京
26日  ↓  ↓ 岡山  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 東京 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪  ↓ 東京 東京
31日 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 神戸乗船 東京
  備考
 1月 7日 「郵便報知社」に出社  
        せず

 1月26日 「郵便報知社」退社
 3月 2日 井上邸で会合 
 4月 4日 「大東日報」発行
         (主筆・編集長)

 5月10日 東区内本町1-10へ転
        居

 7月 2日 弟 勉 函館で死去の  
          報 

 7月6~15日 井上外務卿と同船
           馬関へ 

 
 10月21日 「大東日報」に出社せ
          ず

 11月21日 外務省御用係公信  
         局勤務 

 


  明治16年(1883)年 27歳 外務省公信局・文書局
                     天津領事(12月天津へ出発)


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 笠間 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 尾道  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 広島  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京  ↓ 天津へ
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 吉田 船中
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 庄野  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 三次  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 広島  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京  ↓  ↓
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 四日市  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 忠海 上海
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 某島  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 横浜 福山  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 庄野 広島 上海
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 船中  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 岡山  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 弓削  ↓  ↓
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 日本原 東京  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 津山  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 乗船
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 真加  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 垂水 東京 芝罘
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 高梁  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 玉島  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 下村  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 岡山  ↓  ↓
30日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 崗愈蓬莱府
31日 東京 東京 東京 東京 東京 岡山 崗愈蓬莱府
 備考  日記類なし  日記類なし
 7月14日 文書局へ移る。
 9月 日記類なし
 11月14日~11月15日 中国地方巡遊
 11月26日 天津領事拝命
 12月 4日 中井貞子(14歳)と結婚
 12月 5日 天津へ出発
「天津への旅」 

 

    明治17年(1884)年 28歳 天津領事


1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 登州府
黄山館
天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津
 2日  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日 菜州府  ↓  ↓ 天津  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問
 4日 平度州  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓
 5日 寒亭 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津
 6日 寿光県  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日 清州府  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日 庄店  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓
 9日 黄河を
渡る
 ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日  ↓ 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津
11日 慶雲  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日 旧滄州 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日 糖児頓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓ 李訪問
14日 天津  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓
20日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 李訪問 天津 天津
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓ 李訪問  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問
30日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津
31日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 天津
備考
 「李訪問」とあるのは、
  北洋大臣「李鴻章」を訪問、面会

 3月 9日 榎本公使来る


  「天津紀行」

 7月20日 妻病気 医師招く
 
 8月    榎本公使来る 
 
 10月    日高壮之丞来る
          榎本公使来る

 12月 2日 妻病気 医師招く 


 


  明治18(1885)年 29歳 天津領事 フランス公使館書記官(12月着任)


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 李訪問 上海乗船 東京 東京 シンガポール 汽車
 2日  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ パリ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓ 長崎  ↓  ↓ ペナン  ↓
 5日 天津 天津 李訪問 天津 天津 天津 李訪問 長崎 東京 東京  ↓ パリ
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問 神戸  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 三井寺  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問 大津  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓ 石山  ↓  ↓ コロンボ  ↓
10日 李訪問 李訪問 天津 天津 李訪問 李訪問 天津 京都 東京 東京  ↓  パリ
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓ 船中 ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓
13日 李訪問  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓ 出発 神戸 横浜  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓ 李訪問  ↓ 李訪問 北京 乗船  ↓ 出発  ↓  ↓
15日 天津 天津 李訪問 天津 天津 天津 北京 横浜 東京 神戸 船中 パリ
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓ 大津  ↓  ↓
17日 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 出発 アデン  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 天津  ↓  ↓ 下関 紅海  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 乗船  ↓  ↓
20日 天津 天津 天津 天津 李訪問 天津 天津 東京 東京 船中 パリ
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 香港 スエズ  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓ 李訪問  ↓ 李訪問  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓ 汽車  ↓
25日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 出発 東京 東京  ↓ アレキサンドリア パリ
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 乗船  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日 李訪問 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 出発 乗船  ↓
28日  ↓ 李訪問  ↓ 李訪問  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 船中  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 天津 天津 天津 天津 天津 天津 上海 東京 東京 船中 ベニス パリ
31日 天津 天津 天津 上海 東京 船中 パリ
備考
 「李訪問」とあるのは、
  北洋大臣李鴻章を訪問面会

 3月14日 伊藤大使到着 榎
        本公使来る
 3月17日 伊藤大使北京へ出発

 4月 2日 戻る
 5月24日 パリ在勤辞令
 6月     妻病気
      医師3回招く

 6月26日 後任領事
          波多野着任

  
 
「パリへの旅」

 
  9月10日 京橋区三十間堀1-1へ
         移転
  9月21日 鹿児島から母と姪栄子来
         る。

 12月 2日 姉 関根琴子死亡。37歳 


1月掲載  



 
明治19(1886)年 30歳 フランス公使館書記官 7月から 臨時代理公使


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ ハーブル パリ ハーブル パリ パリ パリ
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 パリ パリ パリ ハーブル パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
 6日  ↓  ↓  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 パリ   パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
31日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
 備考

 4月来訪
   オーストリア公使
                   西園寺公望

   ドイツ公使
             品川弥次郎

   農商務大臣    谷 干城
   特許局長      高橋是清
 6月17日 加藤恒忠(友人、法学校の同期生)
         交際官試補に採用
 7月 3日 在留日本人会会長となる。
 7月23日 臨時代理公使
        ベルギー・スイス
         臨時代理公使兼任  

 
 10月来訪
    海軍大臣 西郷従道  


 

2月掲載  


  明治20(1887)年 31歳 フランス公使館書記官
                     臨時代理公使

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ ジュネーブ パリ パリ パリ
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓ ブリュッセル  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓
 5日 パリ パリ パリ パリ  ↓ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
 6日  ↓ リヨンへ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓ マルセイユ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 パリ 出発→パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ エレキベン温泉  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ベルサイユ  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 パリ   パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
31日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
 備考
 2月 5日 内閣顧問官
           黒田清隆来る
 2月 8日 貞子夫人マルセイユ到着
 2月27日 ベルサイユ遊覧 妻同伴

 4月 2日 農商務大臣谷干城来る
  
 5月10日 セーブル・サンクルー遊覧
               妻同伴。     

 8月15日 エレキバン温泉
        妻同伴

  
 
 10月 5日 田中公使
          ローマから着任

 12月 5日
     貞子夫人の実母死亡 




  明治21(1888)年 32歳 フランス公使館書記官
                 


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ジェップ  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ルアン  ↓  ↓  ↓
25日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ  ↓ パリ パリ パリ
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ アーブル  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ パリ  ↓  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
31日 パリ パリ パリ パリ パリ パリ パリ
 備考
 2月 3日 下宿からアパルトマン
        に移る
 3月10日 都築馨六、田中館愛
        橘来る
 4月 9日 西園寺公望にベルギ
        ー臨時代理公使を引
        き継ぐ
 
4月30日 黒田内閣成立
 5月 1日 陸軍少将乃木希典来る
 6月12日 貞子夫人不快 医師招く
   24日 全快          

 7月 2日 舌根に病 医師にかかる
  
 
  9月 2日~28日 暑中休暇
 10月 6日 舌根全治せず

 12月 9日 尿道狭窄の手術受ける
 12月31日 帰国命令届く 

 

4月掲載


  明治22(1889)年 33歳 農商務省参事官(4月から)
                  


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 パリ ロンドン スエズ運河 船中 東京 東京 東京 東京 東京 横浜 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓ 上海  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓ 紅海 船中  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 パリ ロンドン  ↓ 下関 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓ アデン  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓ インド洋 京都  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓  ↓ 磯部  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 パリ パリ  ↓ 石山 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓ 坂本  ↓  ↓ 磯部 伊香保  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 パリ ベルリン コロンボ 京都 東京 東京 東京  ↓ 東京 東京 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓ 名古屋  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓ 静岡  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓ パリ ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 パリ パリ  ↓ 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓ シンガポール  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓ 出発  ↓  ↓  ↓ 鎌倉  ↓ 磯部  ↓  ↓  ↓  ↓
23日 マルセイユ サイゴン  ↓  ↓ 東京  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 パリ 船中 船中 東京 東京 東京 東京 伊香保 東京 東京 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 榛名山  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓ 香港  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 パリ 船中 東京 東京 東京 東京 東京 横浜 東京 東京 東京
31日 パリ 船中 東京 東京 東京 東京 東京
 備

 考

 1月30日 ホテルに移る
 2月11日 大日本帝国憲法発布

 2月13日 大山綱介に書記官を引き継ぐ
 2月22日 パリ出発。25日乗船
 4月 5日 下関到着 
 4月 6日 大津の妻の実家へ     

 4月19日 東京着
 4月27日 農商務省参事官就任 

         井上馨大臣
 5月22日 麻布市兵衛町2-26に転居
 7月    磯部は井上大臣の静養先  

 
  8月 8日 貞子伊香保へ静養
  9月 2日 貞子帰京
  9月 7日 母上京
 11月 8日 「エジプト混合裁判」刊行
 12月23日 井上大臣辞任
 12月24日 第一次山縣内閣誕生
 12月29日 南部家諮問委員になる 

 

5月掲載  


    明治23(1890)年 34歳 農商務省(1月秘書官・7月参事官兼任)


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都へ 東京 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 横浜  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 東京   東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
31日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 備考
 1月21日 岩村大臣秘書官に
 2月 1日 官舎(麹町区富士見町)へ移転
 
 5月20日 陸奥大臣秘書官に 
 6月15日 母、兄と共に帰県    

 7月11日 参事官兼任
 7月 1日 第一回衆議院選挙
 8月10日 中井弘(岳父)の妻死亡

 
 10月20日 元老院廃止
 11月25日 第一回帝国議会

 

 

6月掲載  


    明治24(1891)年 35歳 農商務省(秘書官・8月官房秘書課長)
                  


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓ 鎌倉  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 鎌倉 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 伊香保  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓ 東京  ↓ 鎌倉 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 鎌倉 東京 東京 伊香保 東京 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 鎌倉  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓ 東京  ↓  ↓
13日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 伊香保  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 横浜  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 京都 伊香保 東京 東京 江ノ島 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓ 東京↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 横浜  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 東京   東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
31日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 備考
 1月20日 衆議院より出火
        両院とも焼失
 3月 9日 原敬腸チフスになり静養→

 4月27日 ようやく普通食。外出可能
 5月 5日 叔父良蔵死亡 
 5月 6日 第一次松方内閣成立
 5月25日から出勤する      

 7月17日→伊香保で静養
 8月16日 大臣官房秘書課長  
 
 10月19日 「現行条約意見」の版権譲受
 12月15日 貞子夫人、咽頭カタル 

 

    明治25(1892)年 36歳 農商務省(秘書官・官房秘書課長)
                    3月 退職 以後8月まで無職
                    8月 外務省(通商局長・取調局長)
                 


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 長崎 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 五島  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓ 釜山  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 船中  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京  ↓ 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 仁川  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 陸路  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京城  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都へ 東京 東京 京城 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日    ↓  ↓ 横浜  ↓  ↓  ↓  ↓ 大津  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京 京城 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯 仁川  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京 仁川 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 出発  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 船中  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 釜山 ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 出発  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 大磯 門司 東京 東京
26日  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓
27日  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 出発 帰京  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓
29日  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓  ↓
30日 東京   東京 東京 東京 東京 京都 東京 門司 東京 東京 東京
31日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 備考
 1月17日 入浴後人事不省 天津でも
 2月15日 総選挙

 3月 9日 陸奥大臣と共に退官
 3月16日 官舎を出て京橋区南鍋町へ
 5月11日 「神戸日報」へ寄稿承諾 
 6月 1日 「神戸日報」へ寄稿     

 6月26日 兄の3男彬(後に原敬の養子に)誕生
 7月10日 貞子同伴で中井方
 8月 8日 第二次伊藤内閣成立 
        陸奥宗光外務大臣
 8月13日 外務省通商局長
 8月14日 神戸日報寄稿断る

  
 
  9月 6日 取調局長兼任
  9月23日 芝公園の家屋買い入れ
  9月27日 朝鮮出張

 10月 5日 「現行条約論」出版
 

 

8月掲載  


    明治26(1893)年 37歳  外務省通商局長、取調局長(11月まで)
                 


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 箱根 東京 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日 鎌倉  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 鎌倉 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
16日 鎌倉  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 東京   東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
31日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 備考
 1月14日 連日陸奥大臣訪問
 3月22日 臨時行政事務取調委員

 
 8月1日~22日 貞子夫人大磯へ
 
 10月21日 貨幣制度調査会委員
 11月10日 官制改革で通商局長のみとなる

 11月24日~30日 貞子夫人京都へ
 12月 4日 親戚知人を招き結婚10年の晩餐会
 

9月掲載 

 

    明治27(1894)年 38歳  外務省通商局長
                 

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓ 京都へ  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都へ  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 奈良  ↓  ↓
30日 東京   東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京
31日 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京
 備考
 3月 1日 総選挙
 
 5月 1日~10日 貞子夫人京都へ 
 6月 5日 朝鮮出兵     

 8月 1日 「日清戦争」開戦の詔勅
 8月14日 「陸戦公法」翻訳出版
 8月28日 「日英条約」公布

  
 
  8月28日~9月5日 貞子夫人鎌倉へ
 10月10日 中井弘死去(貞子夫人の父)

 12月23日 外務省政府委員 

10月掲載 

 

    明治28(1895)年 39歳  外務省通商局長
                     5月 外務次官


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日    ↓  ↓  ↓ 大磯   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日  ↓    ↓ 東京  ↓ 大磯  ↓  ↓ 東京  ↓ 東京 ↓  ↓
31日 東京 東京 東京 東京 東京 東京   東京
 備考
 3月30日 休戦条約調印
 4月17日 日清和議

 4月28日 三国干渉
 5月22日 外務次官就任(約1年1ヶ月間) 
 6月 6日 陸奥外務大臣静養
        西園寺文部大臣が兼任     

 6月10日 貞子夫人箱根へ
  
 
  9月13日 貞子夫人逗子から帰京
 10月 8日 朝鮮事変
 10月 8日~13日 貞子夫人京都へ

 12月16日の記述
「この年までの分は、手帳その他から書き写したものである。
 今後の分は、総てメモから直接書いたものである」 

 

11月掲載 




    明治29(1896)年 40歳  外務省次官
                     6月 朝鮮駐剳特命全権公使
                 


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 門司 京城 京城 京城 東京 東京
 2日 鎌倉  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 釜山  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 出発  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 仁川  ↓ 大磯
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 仁川 京城 京城 仁川 東京 稲毛
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 釜山 大磯 阿部宅
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京城  ↓  ↓  ↓ 東京 稲毛
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 門司  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京城 京城 京城 京都 東京 稲毛
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓ 阿部宅
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 木更津
13日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 勝山
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 盛岡  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 北条
15日 東京 東京 東京 東京 東京 盛岡 京城 京城 京城 東京 東京 北条
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 鎌倉
17日  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京城 京城 京城 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 芝浦  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京城 京城 京城 東京 芝浦 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 舞子  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓
29日  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓
30日 東京   東京 東京 東京 出帆 京城 京城 京城 東京 東京 東京
31日 東京 東京 東京 京城 京城 千葉 東京
 備考
 4月 6日 陸奥大臣復帰
 

 5月30日 陸奥大臣辞任、西園寺兼任  
 6月 2日 大磯に別荘新築
         大磯町南下町1390番地付近
 6月11日 朝鮮駐剳特命全権公使発令
 6月30日 神戸出帆、貞子夫人同伴
 7月 7日 京城到着
 8月 1日 「原敬日記」浄書はじめる 

 
  9月18日 第二次松方内閣
         外務大臣 大隈重信
  9月24日 帰国命令来る
 10月 3日 出発 15日 東京着 

 11月20日~28日 貞子夫人京都
 12月22日 浅の出入り許す 




12月掲載   


  明治30(1897)年 41歳   朝鮮駐剳特命全権公使
                      9月 大阪毎日新聞編集総理


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 大磯 大阪 大阪 大阪
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪へ  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 大磯 東京 東京 東京 奈良 東京 大阪 大阪 大阪
 6日  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓ 嵐山 嵐山  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 有馬  ↓ 大阪 大阪  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 大磯 東京 大磯 大磯 東京 東京 大阪 東京 大阪 大阪 大阪
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 帰京  ↓  ↓  ↓  ↓
12日 大磯  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓
15日 大磯 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 大阪 大阪 大阪
16日 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓
17日 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京へ  ↓ 東京へ ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓ 東京
20日 大磯 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 大阪 東京 大阪 東京
21日 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京へ  ↓
24日  ↓  ↓ 大磯↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓
25日 大磯 東京 大磯 東京 東京 東京 東京 東京 大阪 大磯 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪へ
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓ 大阪
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 大阪へ  ↓
30日 大磯   大磯 東京 東京 東京 東京 東京 大阪 大阪 大阪 大阪
31日 東京 東京 東京 東京 東京 大阪 大阪
 備考
 2月 3日 叔父政衛死亡
 3月11日 原敬誕生日の小宴
        (旧暦2月9日)
 3月23日 待命となる

 4月 1日 兄・恭 和賀郡長となる
 5月16日~ 英人につき週2~3回講習 
 7月 3日 母リツ大磯へ     

 8月 2日 大阪毎日と入社交渉
 8月24日 陸奥宗光死亡

  
 
  9月 1日 外務省退官
  9月16日 大阪毎日新聞社編集総理就任

  9月24日 大阪帰宅天満橋筋2-136へ転居
         浅同伴
 12月25日 衆議院解散 


29年1月掲載  


  明治31(1898)年 42歳  大阪毎日新聞社編集総理
                     9月から 社長
                 

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪
 6日  ↓  ↓ 金熊寺  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓ 東京 ↓  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓ 奈良  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪
20日 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪  ↓ 大阪 大阪
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪   ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓ 大阪 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 大阪   名古屋 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪
31日 東京   ↓ 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪
 備考
 1月12日 第3次伊藤内閣成立
 3月15日 総選挙

 3月22日 大磯別荘登記
 5月 4日 東区谷町1-1に移転 
 5月31日 「新条約実施準備」刊行     

 6月15日 衆議院解散
 6月30日 第1次大隈内閣成立 約4ヶ月間

  
 
  9月27日 大阪毎日新聞社長就任
 11月 8日 第2次山県内閣成立
         約2年11ヶ月
 11月12日 兄恭 東磐井郡長へ

 12月19日 貞子夫人東京に戻る 


 

2月掲載 



  明治32(1899)年 43歳   大阪毎日新聞社長
                   

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 京都 大阪 大阪 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 高松  ↓  ↓ 藍本  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 大阪  ↓
10日 大阪 大阪 大阪 大阪 京都 東京 金比羅 大阪 大阪 大阪 大阪 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓ 屋島  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
14日  ↓ 東京 東京 東京  ↓  ↓ 名古屋  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪
15日 大阪 東京 東京 東京 大阪 東京 名古屋 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓ 大磯 大阪  ↓  ↓  ↓ 堺   ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓
19日  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京 ↓  ↓  ↓ 大阪
20日 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京  ↓ 大阪 大阪
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 大阪 名古屋 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 大阪   大阪 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 大阪
31日 大阪  大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪
 備考
 
 2月19日 弟誠妻秀死亡
 3月23日 妻浅 チフス発病
 4月 8日 兄の長女お栄 上田常記と結婚
 4月15日 清国公使の話断る

 
 5月 6日 「条約実施準備」刊行 
 6月 1日 「外交官領事官制度」刊行     

 8月13日 「でたらめ」刊行
  
 
 10月 1日 北区網島町32番に移転
 12月11日 母リツの77歳の祝宴
 12月27日 大阪毎日の紙数増2万

  

 

3月掲載

 

明治33(1900)年 44歳    大阪毎日新聞社長 11月まで
                     政友会総務委員
                     逓信大臣 12月から                  


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 東京 大阪
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 京都
 5日 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 京都
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 名古屋
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 伊勢
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京
10日 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 東京 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓ 大阪  ↓
12日  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京 大磯  ↓  ↓
13日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓
14日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
15日 大阪 大阪 大阪 吉野 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 大磯 大阪 東京
16日  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓ 東京  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 大阪  ↓  ↓
20日 東京 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 大阪 大磯 大阪 大阪 大阪 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京 東京  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
23日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 大阪 大阪 大阪 大磯 大阪 東京 東京 大阪 大阪 大阪 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓ 大磯  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
28日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
30日 大磯 大阪 大阪  ↓ 大阪 東京 東京 東京 興津 大阪 東京
31日 大阪 大阪 大阪 東京 大阪 東京 東京
 備考
 1月 2日 「漢字減少論」掲載 
 4月10日 「ふり仮名改革論」
        掲載 


 
6月~7月14日まで貞子夫人入院  
 7月27日 伊藤・西園寺と
        新党組織協議      

 8月16日 伊藤が組織一切の事務 
        依頼   
 
 

  
 
  9月15日 政友会発会式
         大阪毎日社長のため原敬欠席
         園遊会と慰労会には出席
 10月19日 第4次伊藤内閣成立 
 11月24日 大阪毎日社長退任発表 
 12月 9日 東京へ引き上げ

 12月19日 政友会総務委員兼幹事長
         (入閣のため8日間のみ)
 12月22日 逓信大臣就任(星亨の後任)  

 

4月掲載

明治34(1901)年 45歳     逓信大臣6月まで
                     7月から 大阪北浜銀行頭取


 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
 1日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 大阪 東京 大阪 東京
 2日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 3日 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 4日 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 5日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 東京 京都 東京 東京 東京
 6日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 盛岡  ↓  ↓
 7日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
 8日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 9日  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓ 大阪 宇都宮  ↓  ↓  ↓  ↓
10日 東京 東京 東京 福島 東京 大磯 大阪 東京 大磯 盛岡 東京 東京
11日  ↓  ↓  ↓ 山形  ↓ 東京  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
12日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
13日    ↓  ↓ 米沢  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓
14日  ↓  ↓  ↓ 福島  ↓  ↓ 岡山  ↓  ↓ 日詰  ↓  ↓
15日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 岡山 東京 東京 東京 福岡 東京
16日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
17日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大磯  ↓ 若松  ↓
18日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 横浜  ↓ 宮島  ↓
19日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓
20日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 大阪 大阪 東京 東京 東京 東京
21日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
22日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓ 大磯  ↓  ↓  ↓
23日    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪  ↓ 仙台  ↓
24日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
25日 東京 東京 東京 東京 東京 東京 大阪 大阪 大阪 大阪 東京 東京
26日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
27日  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
28日  ↓ 東京  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 神戸  ↓  ↓  ↓  ↓
29日  ↓    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 大阪 東京  ↓  ↓ 大阪
30日 東京   東京 東京 東京 東京 大磯 大阪 東京 大阪 東京 大阪
31日 東京 東京 東京 東京 大阪 大阪 大阪
 備考
 1月26日 逓信大臣就任祝賀岩手県人会
 1月30日 兄 恭上京

 2月12日 兄帰県
 5月23日~30日 兄上京 
 6月 2日 逓信大臣辞任    

 6月 2日 第1次桂内閣成立
 7月10日 大阪北浜銀行頭取就任
 8月    西区江戸堀通1-25に借家
        上田常記・栄夫妻を住まわせる。  

 
  9月16日 弟の誠東京へ引き上げ
 10月    伏見町4-52へ移転

 11月25日 兄の3男 彬を養子にする。
 12月17日 中江兆民の葬儀出席 

 

5月掲載