原敬の「懐 旧 談」



 この「懐旧談」は、大阪毎日新聞社長であった原敬(44歳)が、領事として赴任していた天津時代(27歳~29歳)を振り返ってその時代の出来事について述べたものである。

  原敬が、井上馨に見出されて大阪の「大東日報」主筆から、外務省御用掛りに転じたのが明治15年11月のことである。

始めは、公信局に勤務し、明治16年文書局に転じた。

10月に公用で中国地方を視察して(山陽西海巡回日記」)、福山にいた原敬に帰京命令が届いたのが、11月15日である。

 原敬は、直ちに広島の戻り船で神戸を経由して、東京に着いたのが11月22日である。僅か4日後の26日に「天津領事」の辞令が出ている。

 「領事」が独身では何かと不便であると言うことで、急遽中井弘の娘の貞子と結婚したのが、12月4日、翌5日には天津に赴任するためのたびに出発している。 「天津への旅」 「天津紀行」参照。

 約2ヶ月の旅を経て明治17年1月14日に天津に到着している。原敬28歳、貞子夫人15歳であった。

  約1年7ヶ月の勤務の後、明治18年8月16日に東京に戻り、10月13日には、フランス公使館書記官として、パリへの出発している。「パリへの旅・帰国の旅」参照。


 「懐旧談」は、明治33年8月9日から27日にかけて、原敬が「大阪毎日新聞紙上に掲載したものである。


  原文は、「原敬全集」に収録されている。原文のままでは、意味の分からない言葉や言い回しがあるので、読み易く直してある。小見出しもつけた。



北清事件  (註 北清事変ともいわれる義和団事件のこと)


  日清戦争後、義和団を称する秘密結社が生活に苦しむ農民を集めて起こした排外運動である。

 当初は、民衆が各地で外国人やキリスト教会を襲って勢力を拡大していった。

 1900年(明治33年)に、西太后がこの叛乱を支持して清国が6月21日に欧米列国に宣戦布告したため国家間戦争となった。

  義和団は、ついに北京の列国大公使館区域を包囲攻撃するまでになった。宣戦布告後2か月も経たないうちに日本を含む欧米列強8か国軍は首都北京及び紫禁城を制圧した。

 清朝は莫大な賠償金の支払いを余儀なくされ、中国の植民地化がさらに強まった。
                                       (参考 ウイキペデイア)

 
  北清事件は最初拳匪という一群の暴動らしいと言われていたが、後には官兵(清国軍)も加わり政府の有力者も認めるようになったので、現在のような大騒動になってしまったのである。

  この事件がどういう結末を迎えるかは、誰も予想すること出来ない。しかし、清国の国情を考え各国の動静を察して見ると、多少の推定ができないわけでもない。

  それらの議論は議論として聞いておくが、私は明治16年の末から18年の夏まで、領事として天津に在勤したることがあるから、この出来事については、多少懐旧(カいキュウ。過ぎ去った昔を思い出して、しみじみと懐かしむこと)の思い駆られないわけでもない。

北京の情況

 北京にいる外国公使が目下どうのような運命に陥っているか、ある時は総て殺害されたと伝えられ、あるときは、なんとか余命を保っていると伝えられ、結局どうれが真相であるか判っきりないが、とにかく暴徒や官兵に取りまかれ、西公使の電報にあるように「毎日のように砲撃されて既に数人の死傷者が生じている」と言うことになると、たとえ総て殺戮されないとしても、今日までの間に多数の人、が殺傷されていることは疑いない。

  私は列国の公使館員にも知人がいるが、日本公使館員は大概友人であるから、その安否を知ることができないことは、大変痛心に堪えない訳である。


他人事ではない

 今だからいうが、実は昨年ある方面から私に、「北京駐剳の公使になれ」という勧告を受けたこともある。しかし、考える事があって辞退した。

  その後、今の公使、明徳次郎氏に決定したのだから、もしもその時に承諾して赴任していたなら、今日の運命は決して他人事ではない。

 外国、ことに清国や韓国のような国に駐剳する以上は、不慮の災難にあうことははじめから覚悟すべきものである。また、もしもこのような災難にあって死ねばそれまでであるが、幸に命があったら、男児の一快事と思うこともあるであろうから、当時私が北京に行かなかったことは、幸か不幸か実はどうっちにも見られるが、何れにしても赴任しておれば、今日の境遇は直接私の身に関することであるから、同地に在留している人に対して深く同情を寄せる次第である。


天津領事(1883年11月26日)拝命 27歳

   天津着任1884年1月14日~1885年7月25日天津出発

 

 私が天津在勤の領事を拝命したのが明治16年の11月26日であった。その頃は外務省と太政官との御用掛を兼任していたが、地方巡回の用事があって中国地方にいき、県下を巡回していたときに、電報で急に呼び帰され21日頃に帰京したと記憶するが、26日に領事を拝命し翌12月の5日に東京を出発したのである。(註 4日に急遽、中井弘の娘、貞子14歳と結婚している)

 

  何故このように急いで出発したかというと、当時はフランスと支那との間に、例の安南事件で非常な騒動が起っていたので、ちょうどう私の赴任する頃は安南のパクニンという所をフランス兵が取ったとか取らないとかいう時代であって、そのため至急に「赴任せよ」との命令を受け5日に東京を出発したのである。

 

 

 

<御用掛時代の原敬>


河が氷結して赴任できず

 ところが、上海に到着して聞くと、もう白河が氷結して大沽行の便船がない。

 白河が閉鎖されるのは年によって遅速はあるが、まず11月の末から12月の初には結氷する。それから氷が解けて河が開くのは、早いときは2月中旬、遅ければ3月初旬になる。もっとも閉河といってもその時に河いっぱいに氷が張るという訳ではないが、閉河のころになれば、絶えず氷塊が流れており、烈風が吹くか、または何かの理由でその氷塊が河中に停滞すると、一夜の中に堅氷になって全く河を閉ざしてしまうのであるから、河が氷結していなくとも、何時氷結するか分からないから、大沽から河を遡ることが大変危険であり、また大沽沖は遠浅で、加えて風浪が烈しい所であるから、閉河の頃になれば、河が実際氷結していてもいなくても、北清への航海は来春まで停止されるのである。

 白河氷結の情況はこのようなものであるから、今日は当時と違って山海関からの鉄道もあるが、もしも、北清事件が閉河の頃まで落着しなければ、連合軍の困難は実に思いやらるで次第である。

 私は上海に留まっている時、いろいろ考えたが、便船がなければ芝罘から陸路天津に赴任する外はないのであるから、陸上を行くことに決定して諸般の準備に着手したのである。

 現在は清国内に日本領事館は11館もあるが、当時は僅かに3か所、即ち上海、芝罘、天津のみで、しかもその領事館は当時新設さることになり、東次郎という人が領事代理として赴任することになっていた。私より少し前に東京を出発して館員とともに上海に留まり、新設領事館に要する備品などうを買入れ中であったので、私はその一行と同じ船で芝罘まで行くことに決定した。


夜旅を好かない支那人

  上海を立って芝罘に到着したのが、ちょうどう12月の25日と記憶している。

 それから陸路芝罘を出発したのが30日であったと思う。

 旅行は午前2時か4時には旅宿を出るような次第で、ずいぶん急いだのであるが、何分にも山東省を横切って直隷に入るのであるから、いかに急いでもそれなりの日数はかかる。また支那人は朝は幾ら早くとも差支えないが、夕には日没頃には必らず旅宿に着くというような訳で夜旅を好かないから、急いだ所で日本の旅行のように昼夜兼行などうは決して出来ない。それこれで16日間を費して1月14日にようやく天津に着くことが出きた。

支那の旅は困難

  この間の紀行(註 「天津紀行」)は先年「利国新誌」という雑誌に寄稿たことがあるから、一読した人もあるであろうが、支那の旅行というものは非常に困難なのである。

もっとも冬の旅行は、たとえば「虫がいないとか、高梁が茂っていない」とかいう点では、夏よりいいが、何分寒さが厳しくて、宿が不十分で、道路が殆んどないようなありさまである。昔あった指南車の話もあるが、川があろうが何があろうが目的を定めて一直線に馬車を走らせるのである。                                                

 馬車といえば普通の馬車と思う人もあるだろうが、ちょうどう大八車のようなものに蒲鉾型の覆いをかけ、それを「騾」といって馬とロバの合の子に引かせるので、動揺が激しく時、嘔吐を催すことすらある。アフリカ内地の旅行は知らないが、支那旅行の困難は世界にあまり比類がないと思われる。

 

6月掲載