原敬の「懐 旧 談」



 この「懐旧談」は、大阪毎日新聞社長であった原敬(44歳)が、領事として赴任していた天津時代(27歳~29歳)を振り返ってその時代の出来事について述べたものである。

  原敬が、井上馨に見出されて大阪の「大東日報」主筆から、外務省御用掛りに転じたのが明治15年11月のことである。

始めは、公信局に勤務し、明治16年文書局に転じた。

10月に公用で中国地方を視察して(山陽西海巡回日記」)、福山にいた原敬に帰京命令が届いたのが、11月15日である。

 原敬は、直ちに広島の戻り船で神戸を経由して、東京に着いたのが11月22日である。僅か4日後の26日に「天津領事」の辞令が出ている。

 「領事」が独身では何かと不便であると言うことで、急遽中井弘の娘の貞子と結婚したのが、12月4日、翌5日には天津に赴任するためのたびに出発している。 「天津への旅」 「天津紀行」参照。

 約2ヶ月の旅を経て明治17年1月14日に天津に到着している。原敬28歳、貞子夫人15歳であった。

  約1年7ヶ月の勤務の後、明治18年8月16日に東京に戻り、10月13日には、フランス公使館書記官として、パリへの出発している。「パリへの旅・帰国の旅」参照。


 「懐旧談」は、明治33年8月9日から27日にかけて、原敬が「大阪毎日新聞紙上に掲載したものである。


  原文は、「原敬全集」に収録されている。原文のままでは、意味の分からない言葉や言い回しがあるので、読み易く直してある。小見出しもつけた。

 

北清事件

朝鮮事件


北清事件  (註 北清事変ともいわれる義和団事件のこと)


  日清戦争後、義和団を称する秘密結社が生活に苦しむ農民を集めて起こした排外運動である。

 当初は、民衆が各地で外国人やキリスト教会を襲って勢力を拡大していった。

 1900年(明治33年)に、西太后がこの叛乱を支持して清国が6月21日に欧米列国に宣戦布告したため国家間戦争となった。

  義和団は、ついに北京の列国大公使館区域を包囲攻撃するまでになった。宣戦布告後2か月も経たないうちに日本を含む欧米列強8か国軍は首都北京及び紫禁城を制圧した。

 清朝は莫大な賠償金の支払いを余儀なくされ、中国の植民地化がさらに強まった。
                                       (参考 ウイキペデイア)

 
  北清事件は最初拳匪という一群の暴動らしいと言われていたが、後には官兵(清国軍)も加わり政府の有力者も認めるようになったので、現在のような大騒動になってしまったのである。

  この事件がどういう結末を迎えるかは、誰も予想すること出来ない。しかし、清国の国情を考え各国の動静を察して見ると、多少の推定ができないわけでもない。

  それらの議論は議論として聞いておくが、私は明治16年の末から18年の夏まで、領事として天津に在勤したることがあるから、この出来事については、多少懐旧(カいキュウ。過ぎ去った昔を思い出して、しみじみと懐かしむこと)の思い駆られないわけでもない。

北京の情況

 北京にいる外国公使が目下どうのような運命に陥っているか、ある時は総て殺害されたと伝えられ、あるときは、なんとか余命を保っていると伝えられ、結局どうれが真相であるか判っきりないが、とにかく暴徒や官兵に取りまかれ、西公使の電報にあるように「毎日のように砲撃されて既に数人の死傷者が生じている」と言うことになると、たとえ総て殺戮されないとしても、今日までの間に多数の人、が殺傷されていることは疑いない。

  私は列国の公使館員にも知人がいるが、日本公使館員は大概友人であるから、その安否を知ることができないことは、大変痛心に堪えない訳である。


他人事ではない

 今だからいうが、実は昨年ある方面から私に、「北京駐剳の公使になれ」という勧告を受けたこともある。しかし、考える事があって辞退した。

  その後、今の公使、明徳次郎氏に決定したのだから、もしもその時に承諾して赴任していたなら、今日の運命は決して他人事ではない。

 外国、ことに清国や韓国のような国に駐剳する以上は、不慮の災難にあうことははじめから覚悟すべきものである。また、もしもこのような災難にあって死ねばそれまでであるが、幸に命があったら、男児の一快事と思うこともあるであろうから、当時私が北京に行かなかったことは、幸か不幸か実はどうっちにも見られるが、何れにしても赴任しておれば、今日の境遇は直接私の身に関することであるから、同地に在留している人に対して深く同情を寄せる次第である。


天津領事(1883年11月26日)拝命 27歳

   天津着任1884年1月14日~1885年7月25日天津出発

 

 私が天津在勤の領事を拝命したのが明治16年の11月26日であった。その頃は外務省と太政官との御用掛を兼任していたが、地方巡回の用事があって中国地方にいき、県下を巡回していたときに、電報で急に呼び帰され21日頃に帰京したと記憶するが、26日に領事を拝命し翌12月の5日に東京を出発したのである。(註 4日に急遽、中井弘の娘、貞子14歳と結婚している)

 

  何故このように急いで出発したかというと、当時はフランスと支那との間に、例の安南事件で非常な騒動が起っていたので、ちょうどう私の赴任する頃は安南のパクニンという所をフランス兵が取ったとか取らないとかいう時代であって、そのため至急に「赴任せよ」との命令を受け5日に東京を出発したのである。

 

 

 

<御用掛時代の原敬>


河が氷結して赴任できず

 ところが、上海に到着して聞くと、もう白河が氷結して大沽行の便船がない。

 白河が閉鎖されるのは年によって遅速はあるが、まず11月の末から12月の初には結氷する。それから氷が解けて河が開くのは、早いときは2月中旬、遅ければ3月初旬になる。もっとも閉河といってもその時に河いっぱいに氷が張るという訳ではないが、閉河のころになれば、絶えず氷塊が流れており、烈風が吹くか、または何かの理由でその氷塊が河中に停滞すると、一夜の中に堅氷になって全く河を閉ざしてしまうのであるから、河が氷結していなくとも、何時氷結するか分からないから、大沽から河を遡ることが大変危険であり、また大沽沖は遠浅で、加えて風浪が烈しい所であるから、閉河の頃になれば、河が実際氷結していてもいなくても、北清への航海は来春まで停止されるのである。

 白河氷結の情況はこのようなものであるから、今日は当時と違って山海関からの鉄道もあるが、もしも、北清事件が閉河の頃まで落着しなければ、連合軍の困難は実に思いやらるで次第である。

 私は上海に留まっている時、いろいろ考えたが、便船がなければ芝罘から陸路天津に赴任する外はないのであるから、陸上を行くことに決定して諸般の準備に着手したのである。

 現在は清国内に日本領事館は11館もあるが、当時は僅かに3か所、即ち上海、芝罘、天津のみで、しかもその領事館は当時新設さることになり、東次郎という人が領事代理として赴任することになっていた。私より少し前に東京を出発して館員とともに上海に留まり、新設領事館に要する備品などうを買入れ中であったので、私はその一行と同じ船で芝罘まで行くことに決定した。


夜旅を好かない支那人

  上海を立って芝罘に到着したのが、ちょうどう12月の25日と記憶している。

 それから陸路芝罘を出発したのが30日であったと思う。

 旅行は午前2時か4時には旅宿を出るような次第で、ずいぶん急いだのであるが、何分にも山東省を横切って直隷に入るのであるから、いかに急いでもそれなりの日数はかかる。また支那人は朝は幾ら早くとも差支えないが、夕には日没頃には必らず旅宿に着くというような訳で夜旅を好かないから、急いだ所で日本の旅行のように昼夜兼行などうは決して出来ない。それこれで16日間を費して1月14日にようやく天津に着くことが出きた。

支那の旅は困難

  この間の紀行(註 「天津紀行」)は先年「利国新誌」という雑誌に寄稿たことがあるから、一読した人もあるであろうが、支那の旅行というものは非常に困難なのである。

もっとも冬の旅行は、たとえば「虫がいないとか、高梁が茂っていない」とかいう点では、夏よりいいが、何分寒さが厳しくて、宿が不十分で、道路が殆んどないようなありさまである。昔あった指南車の話もあるが、川があろうが何があろうが目的を定めて一直線に馬車を走らせるのである。                                                

 馬車といえば普通の馬車と思う人もあるだろうが、ちょうどう大八車のようなものに蒲鉾型の覆いをかけ、それを「騾」といって馬とロバの合の子に引かせるので、動揺が激しく時、嘔吐を催すことすらある。アフリカ内地の旅行は知らないが、支那旅行の困難は世界にあまり比類がないと思われる。

 

6月掲載

朝鮮事件

 
 朝鮮事件(甲申政変―こうしんせいへんー)とは、  1884年12月4日に朝鮮で起こった日本に倣って近代化を目指す独立党(急進開化派)によるクーデターのことをいう。

 その目的は、清国の保護国としての影響下に甘んじて自己の権益を守ろうとしていた親清派勢力(事大党)の一掃を図ろうとした。

クーデターは成功し、一旦は権力を握ったが、清国軍の介入によってわずか3日で鎮圧されてしまった。

 清国兵1、500名が王宮に侵攻した。守っていたのは朝鮮兵400名と日本兵150名であった。奮戦するも徐々に追い詰められ、裏門から撤退した。ついには、日本公使も本国に避難した。


  強力な弾圧が始まり、関係者の家族も殺される情勢の中クーデター側の幾人かは日本に逃れることができた。


  この事後処理のため井上馨外務卿が全権大使として漢城(現在のソウル)に派遣され朝鮮側と交渉に当たった。

 その結果、1885(明治18)1月9日、「朝鮮国王の謝罪、日本人死傷者への補償金、日本公使館再建費用の負担など」を定めた漢城条約が締結された。


  清国軍の撤退と日本人居留民襲撃については、伊藤博文全権大使と清国側李鴻章との交渉が天津で行われ、1885(明治

18)年4月18日、両全権の合意の下で天津条約が締結された。



 天津在勤中は絶えず騒動があって、清国とフランスの間に和議の條約が出来たかと思うと、今度は朝鮮事件、即ち日本と清国兵が京城で衝突した事件が起り、この事件は17年の暮れに始まって、18年の春に伊藤大使が渡清して決着したのである。

 その決着がついて後任者に事務を譲り、フランスへ赴任するために一時東京に帰ったのが18年の7月25日であった。

清国の外交担当

  当時、李鴻章は北洋大臣直隷省総督として天津にいた。全盛の時代で、周馥という男が、その下に海関道台(註 海関地方長官)を務めていた。また、今のロンドンに駐剳している羅豊禄、米国に駐剳している伍廷芳などうが皆な李鴻章の募僚としてそのもと出入りしていた。

  近頃上海電報にしばしば出てくる盛宣懐という男も、天津にいたが、この男は後には周馥に代り道台(註 地方長官)にもなったが、その頃は何の職務であったかはっきりとは記憶していない。

 また北京では恭親王が要路(註 重要な地位)におり、恭親王がやめられて醇親王が要路に立ったたというような時代で、つまり恭、醇親王が代る代わり要路についていたように思う。


李鴻章


  李鴻章の評判は当時非常に高かったが、日清事件以来大いにその評価を落し近頃は上海において最も不評判という話である。

  私の観察では、李鴻章はある人が褒めるほどうえらいとも思われないが、ある人たちがそしるほどえらくないとも思わない。少くとも東洋における大人物には違いない。殊に、たびたび外交の難局に当たる人であれば、国際上の関係をあの人くらい知っている者は恐らく清国内にはいないと思う。


左宗裳

 北洋の李鴻章と相対して当時南清の大立者は左宗裳であった。この両人は有名な曾国藩の幕下として、長髪賊の乱に清朝のために非常に勲功を立てたことは、誰も知ってる通りであるが、両人とも何故か仲がわるい。

 左宗裳系の人の中には李を評して、あの男は薄恩無慈悲の人であるといっていたのを聞いたこともある。とにかく互に軋轢していたことは疑いない。両人の不和は清国のために決して利益ではなかったであろう。


李鴻章と私

 李鴻章は権謀術策ばかりで凝ってる横着者のようにいう人もあるが、私は公務上でも私交上でも一週に何回というほど面会したが、そんな人物とは思わない。

  確か18年の1月であったかと思うが、李鴻章がある政略上の意味から、朝鮮における日清両国官吏の極めて親密なることを頻りに説き、
「呉太徴からこのような報告が来た」というから、

「その報告を拝見する訳にはいきませんか」と出しぬけにいったら、

「お易いことだ」といって、「直ぐ持って来い」と家僕に命じたが、

家僕がまだ持って来ない中に後悔した色が現われ、その報告は支那流の書翰箋に書いたものであったから、一枚ずつ取って左右の手で両端を押え、僅かに1,2行ずつ見せて読んでいった。

そして、「貴官は支那文を読めるか」という。「読める」といったら、ますます困ったようで、「いや御覧に入れるからはこの中にある要点を私が書いてあげる」といって、直ちに筆をとり数行を写してくれたが、今でもその窮状は私の眼に見えるようだ。こんな具合で大に無邪気な所のある人だ。

 私は支那に行って文学の交りをする積りは毛頭なく、したがって、字などを書いて貰う考えは少もなかったのであるから、手紙の外に書いたものは1枚もないが、あの時の事情があまり面白いから、今も李の謄寫したものは保存してある。


芝罘領事館

  芝罘領事館は、明治16年の暮に私が天津に赴任したころ創立され、東次郎氏が領事代理で赴任したことは、前にいった通りであるが、上海には先年没した品川忠道氏が総領事がいた。この品川という人は明治2年ごろから上海に駐在しており、支那では最も古い人であったが、同氏が帰朝した後は、安藤太郎氏が領事として在勤していた。

  私が天津に着任するまでは、今のメキシコ在勤の辨理公使空田義文氏が書記生で領事代理をしていたのであるが、同氏が帰朝してから今の天津在勤の領事鄭永昌氏が米国から帰って書記生として来たのである。

それからその弟の今の北京公使館在勤の一等通訳官をしている鄭永邦という男も、通詞見習か何かでおり、先年ボンベいの領事を止めて神戸の冬井物産の支店にいる呉大五郎氏も、留学生か通訳見習か何でもさういうものでい確かし、これは北京にいるのを時、天津に借用したのであるが、まずそういうような人で領事館は成り立っており、その他は今の北京公使館にいる2等通訳官の徳丸作蔵などうという男も、興亜会の会員で支那に行きたいというから、私が赴任する時に隨伴して天津に連れて行った。

 近頃は天津にも商人はかなりいるようであるが、当時は一人もいない。私の従者であった佐々木砧司という男が、後に三井物産の代理店のようなものを立ち上げたが、これは多分わが商人の天津に在留した始めであろうと思う。

  陸軍武官は近ごろ冬謀本部から天津にいった大佐の神尾光臣という人が天津にいた。その外に花阪圓という男も天津にいたが、皆なその時の地位は大尉であった。

 北京には、公使館附武官と称していたのが今の副島少将で、当時はやはり大尉であったように記憶する。その後梶山鼎介という人が、後に朝鮮の弁理公使などうになったが、この人が少佐で福島氏の後に公使館附であった。

  公使は誰かといえば榎本子爵で、それから公使館附の書記官には、今は何をしているか知らないが島田胤則という人であった。この頃帰朝した2等書記官の中島雄などうという人も、その頃まだ書記生であったと思う。その外に一用名の書記生がいたが、外交官領事官としてはこんなものであった。


北京公使館

  北京公使館は今の場所ではない。支那の何という人の邸宅であったか忘れたが、なんでも親王か大臣かの邸宅を公使館に充てたので、各国の公使館とはまるで懸け離れていた。それで、どううも各国と同様の働きをするには大変不便であるということから、スペいンの公使館であったと思うが、それを買い入れて引き移ったのが今の公使館である。但しあの建物は違っている。


  今の公使館の建物は日本が買入れてから、片山東熊という宮内省に永く技師をしていて、この頃東宮御所の建築に従事している人が、北京にいって今の公使館を建築した。地所が狭くてその後も常に不便を感じていたようであるが、とにかく公使館町とでもいうべき各国公使館の間に日本公使館を移したのがその頃のことである。

 古い公使館には、今でも公使館武官が住んでいるということであるが、邸宅は広いが大層各国公使館と離れていて大変不便のなである。もしも、今日でもそういう所に公使館を置いてあったならば、今回の事変に日本の公使館だけが、幸に難を冤れていたか、あるいは第一着に難を被っていたか、何れにしても各国と同様ではなかつたであろう。


北京各国公使館の情況

 北京の各国公使館の情況は、各国の公使館は交民巷街に集っていて、邸宅は広いのもあるが、とても戦争の防禦が出来る所ではない。故に果して清兵でも匪賊でも少し勇を鼓して攻撃すれば、水兵が4、5百人いた所で、公使館員が義勇兵で働いた所で、とうてい今日まで存在しいるべき筈のものでない。

 これ等の事情から考えれば、もし今日まで各国公使が生命を保っていたとすれば、支那人のやり方が緩慢であるか、何か別に仔細があるか、とにかく想像できない何かがあると思う。


飲用水に困難

 連合軍は飲用水に困難を極めてるようにしばしば通信にあるが、あの地方は水には実に困難する所である。井戸を掘りさえすれば水は出るけれどう、何を含んでいるのかからくて飲料にはとてもならない。

風呂の水などうには差し支えないが、しかし、髪でも洗おうものなら大変。まるで卵とじのようになってしまう。それだけでない。庭の撒き水にしても樹木には差し支えないようだが、草花などうはどううかすると枯れるおそれがある。

 井戸の水はこのようなので、一般の飲用水は白河の水である。この水は水質は悪くないというけれどうも、何分にも真赤に濁っている水で、そのまでではとても飲めない。庭に撒いたり草木にかけたりするにさえ、水甕か何かに酌み溜めて、泥を沈澱させてからでなければ用をなさないから、まして飲用水にするにはまず明礬を入れかきまわし、暫く泥を沈殿沈させてから水濾しで濾すのだが、十分にするにはそしてからさらに沸騰させて、再び濾す必要がある。

 今日では天津は不十分ではあるが水道によって多少の便利を得ているように通信にはあるが、私の在勤していた頃にはソンナものはなかった。連合軍が飲用水に困っていることは実に思いやられる。

 

7月掲載