このレポートは、故小川義宏氏が平成27(2015)年12月(68歳)に書き上げ、平成28(2016)年1月に奈良大学通信教育学部に提出した卒業論文をワード文書に直したものである。
原文はB5版縦書きである。文中の写真・小見出しは、編者が挿入したものである。

 小川氏は、岩手大学工学部を卒業後、航空自衛隊に入隊。防衛大学校、国内各基地勤務の後、アメリカ西海岸・東海岸の基地に派遣され、帰国後、技術本部、調達本部など勤務の後、主任検査官(一佐)として退官。

 阪神自動車専門学校勤務の後、ボランテイアとして福祉施設を家族と共に慰問していた。

 平成23(2013)年、孫のためにと、畑違いの文科系を学ぶべきと考え、奈良大学通信教育学部文化財歴史学科に編入学し、卒業間際(2016年1月)に不慮の交通事故でなくなった。
 

 

          播磨の敗者の子孫のその後


                芝田湛水一統を例として


                                                兵庫県明石市      小川義宏

        目 次


 はじめに

 1 芝田湛水の次男 甚兵衛

    地方教育、数千人を教えた人物

 2 芝田湛水

    一村長の願いにより次男を派遣した父

 3 芝田湛水の先祖

    別所長治の伯父    淡河定範か

 4 平民宰相原敬の先祖

    南部盛岡藩の家老

 5 柴田甚兵衛将義師匠百七十回忌法要(註10)並びに記念碑建立



  はじめに

  教育は力なりということは、昔から言われていることである。

 播麿(現在の兵庫県)の敗者の子孫を称し、南部盛岡(現在の岩手県盛岡市)に約百年後に現れた芝田湛水一統を例として、その教育の力が現代にまで伝わっていることを確認するとともに、同じように敗者の子孫である原敬平民宰相の先祖の例を確認し比較する。

  近年改正された教育基本法の新旧を比較し、目標は全国民に対して適用されるがその昔、一村長が教育環境を整える必要性を確認し、適切な教育者を招聘して、その師匠がその期待に見事に答え、長期に渡り地方教育に尽力した。その父と先祖について、岩手県「盛岡市史」と、その師匠の子孫の方の先行研究を参考に検討する。

  師匠の教育を受けた人々の子孫の方々が、師匠の百七十回忌法要に師匠の子孫の方を探し出し招いたのは実例である。


一、芝田湛水の次男 甚兵衛

     地方教育、 数千人を教えた人物


「直筆教本百八十年の時を超え民家地蔵から発見、領内地名はっきり」


 地方紙である岩手日報(夕刊)平成二十年六月三十日の記事である。(別添資料1)

 岩手県紫波町の農家で藩政時代に同地区で寺子屋教育を行なった柴田甚兵衛の教育「ご領分中村附」が見つかった。

 「家塾で使われ1821(文政4年)年の教本とみられ盛岡藩の村々の地名が直筆で記されている。

教本で漢字や地理を教えたと考えられ、甚兵衛の事績を伝える貴重な資料といえそうだ。」

と記されている。

 「甚兵衛は、盛岡で寺子屋を聞く芝田家に生まれ、本格的な教育施設がない旧大巻村民の招きで盛岡から移り住で、

 1794年(寛政6年)から43年間、家塾形式の寺教育を行い、近隣7ヶ村の子供らに読み、書き、算術を教えていた。

 芝田家は、書の達人として知られ54歳の甚兵衛が子供一人一人のために書き与えていたことをうかがわせる。」

と詳細に記している。

 岩手県、紫波町

 紫波町は、

 町史によると平安末期から鎌倉初期までは、奥州藤原氏の分家樋爪氏の根拠地で室町時代に足利氏の一派の斯波氏が現在の日詰地区に高水寺城を

築き支配し、安士桃山時代に南部氏が進出し高水寺城は郡山城と改称し盛岡城築城の宿館となり慶長時代には奥州街道の宿駅となり藩政上の諸役所が

置かれ領内でも屈指の商店街として宿場町は栄えた。また北上川舟運の港町として発展を続けた。

 

 1668年、北上川舟運を取り締まるため、北上川端に番所を設置、 1688年から1704年にかけて、日詰町に近江や美濃商人が移住してくると、貨幣経

済にまきこまれるようになった。(注1)と町史に記される比較的裕福な土地柄である。

 ここでいう高水寺は768年創建の寺で鎌倉時代に源頼朝が「足湯権現」を勧進した寺である。

 

 また、斯波氏とは、源頼朝の従兄弟でその妻は頼朝の奥州藤原氏攻めに参戦し論功行賞により斯波郡を拝領、曾孫足利家氏が斯波氏を名乗った。弟、

頼氏は足利宗を継いでいる。斯波氏は、(注2)室町幕府足利氏の有力一門であり本姓は、清和源氏(河内源氏)である。安土桃山時代に進出した南部氏

(注 3)も同じく本姓は、清利源氏(甲斐源氏)で本貫地の甲斐国南部郷の南部を名乗った。


 大巻村村長の野村長四郎は、 1901年から1909年まで村長を勤め、盛岡の芝田氏を訪ね寺子屋師匠派遣を芝田湛水に要請した。これに応え、湛水は

次男の甚兵衛を派遣した。甚兵衛は、大巻村に寺子屋を開き、7ヶ村の者に約40年間に渡り教育を行った。妻帯し子供をもうけたが妻子出奔のため、自分

の子供に教授することができなかった。

 死に際に高弟の野村に一時芝田を名乗らせ寺子屋を継がせた。野村芝田はその後、30年に渡り師匠を続け地域教育に尽力した。

 銭形平次捕物帳控(383編)で有名な、野村胡堂氏は、大巻村生まれでその父は、芝田湛水に甚兵衛の派遣を要請した大巻村村長野村長四郎である。(注2)

 南部氏

 南部氏は、山梨県の甲斐源氏の流れで、藤原氏征伐の功で八戸地方に領地を与えられた明治時代まで続いた大名で、約700年続いた家柄である。他に

約700年続いたのは鹿児島薩摩の島津氏で武家政治の世において同じ土地を領有したのは、この二家だけである。

 南部八戸藩の九代藩主は島津藩主島津重豪の五男の南部遠江守信順である。

 南部藩の二代藩主南部直政は元禄元年(1688)に徳川第五代将軍徳川綱吉の側用人となり辞任までの間は、譜代大名並みの待遇を受けていた。(注3)

 南部盛岡藩は、盛岡に城を築くため、盛岡城築城の宿館を紫波町日詰に置いた。このため、大巻村の周囲は活気に満ちた時代であり、教育熱も旺盛に

なって来ていたと思われる。

 


二、芝田湛水

    一村長の願いにより次男を派遣した父

 野村胡堂の父、長四郎(大巻村長)が訪れた時、寺子屋師匠の芝田湛水には、三人の男子がいた。将矩、甚兵衛、勝矩であり、共に寺子屋師匠となって

地方教育に尽力した。

 父の湛水は、門下生千五百名に及ぶ加茂流の書家として有名であり、盛岡市天満宮境内に湛水門第千五百余人により建立された筆塚がある。




 このように単なる寺小屋師匠ではなく書家としても知名でかつ三人の息子がいたことも、野村長四郎が湛水を訪れて寺子屋師匠の派遣を懇願する相手の

選定を出来る村長であったことが判る。

 甚兵衛は、27歳の時大巻村に移住した。寺子屋師匠として湛水の元で十分に生徒を指導する術をさずかっている年令である。

 盛岡の久昌寺には、湛水の子孫の納めた12軸の掛軸がある。その一軸に大巻村長野村長四郎、助役赤松松蔵外有志者として芝田湛水一統への供養

文が長文で記されている。また、明治18年4月3日 柴田タヨ(湛水の子孫)が女生徒20名ほどを引き連れ、県社八幡宮に詣で拝殿において謡の図がある。


 柴田夕∃は、「岩手県域 寺子屋物語」(長岡高人)では、元は南部家大奥に勤めて裕筆をしていたが、のちに鉈屋町かいわいにあった迎接院(庵寺)にお

いて寺子屋を開業していたという。明治38年11月28日に78歳で没するまで寺子屋の教育を継続したのであると述べている。(注4)

湛水の子孫であるとはいえ、女性の身で南部家大奥の裕筆を勤められるほどの書の術が代々継承されていた証在である。



 盛岡天満宮の資料室に、天明4年(1784)における天満宮講中の規約に芝田源右衛門 将賀(花押)がある。別添 将賀とは芝田湛水の事である。


以下 7月掲載